RSS | ATOM | SEARCH
モバイルバッテリー・Anker

 

今回は、新しいモバイルバッテリーについて。

 

ライトに限らず、ブルベを行うものとしてモバイルバッテリーにもこだわりがある

 

ワタシの場合は、ブルベのときのGPS、ライト、ipodnanoのためにバッテリーを持参している。

 

なので、コンパクトで容量が多く、それでいて少しでも軽いタイプが必須となってきます。

 

坂が多いブルベになってくると重さは死活問題ですからww

 

左からcheero(チーロ)、パナソニックの大きいタイプ(パナ大と呼ぶ)、今回新しく購入したAnker・PowerCore Speed 10000 QC(アンカーと呼ぶ)、パナソニックの小さいタイプ(パナ小と呼ぶ)。

 

チーロは13400㎃と容量はダントツに大きいのだが、ガーミンには充電できないタイプであることが購入してから判明し、がっかりしながら別の用途に使うようにしている。

 

パナ大は、8100㎃。

 

パナ小は、5800㎃。

 

そして、今回新たに購入したアンカーは、10000㎃。

 

 

 

そうなんです。

 

アンカーは、パナ大とパナ小の中間くらいの大きさにも関わらず容量がパナ大よりも多いのだ!

 

カードよりも少し大きい程度

 

重さはというと、パナ大が225g

 

アンカーが203g

 

 

パナ小が147g

 

 

厚み(幅)は、パナ大よりもアンカーの方が若干細い・・・カード1枚程度の差ですが。

 

大きさ、重さがパナ大よりも小さく軽いのにアンカーは、容量が多い。

 

パナ大やパナ小は、2013年に購入したものなので4年の月日が経過したことでモバイルバッテリーもどんどん進化してきているみたいですね。

 

アンカーに付属していた物として、メッシュの小袋と短いけれどもUSBコードがついてました。

 

 

ブルベの距離や何を充電するかによりパナ小とアンカーを使いわけていこうかなと考えてます。

 

 

 

author:t-morioka, category:-, 12:48
comments(2), trackbacks(0), - -
Comment
モリゾーさん
どーもです。

東京で、バックパックの中で
モバイルバッテリーを使用中に燃えたニュースがありましたので、
使用の際はお気をつけて。
特に過放電は気を付けた方が良いようです。

サドルバックの中で燃えたりしたら、
正に「尻に火が付く」なんて言ってる場合じゃない
ですね。
まるは, 2017/09/13 8:25 PM
>まるはさん、おはようございます!

過放電にならないように充電する方法もわからないのですが、気をつけるようにしますね。
バッテリーがなくても、しょっちゅう尻に火はついてますww
モリゾー, 2017/09/14 6:45 AM









Trackback
url: http://moriblog.mfctorii.com/trackback/1267537