RSS | ATOM | SEARCH
訃報

 

昨夜となる3月18日(土)のこと。

 

ブルベの日程でも見てみようかなと思い立ち、オダックスジャパンのトップページにいきました。

 

すると・・・・突然、以下のような記事が目に飛び込んできました。

 

 

 

 

「訃報: 稲垣会長が亡くなられました

 3月15日 6時15分頃、NZ1200に参加されていた日本人参加者のうち、稲垣会長が事故で亡くなられました。

オダックスジャパンのみならずブルベ界に対する多大な貢献への感謝とともに、哀悼の意を捧げます。

詳細な情報は不明ですが、入ってきている情報によると走行中にトラックに追突され、稲垣さんはその場で亡くなったことが確認されたそうです。なお、同走していた英国人参加者は当初死亡と報告しましたが,意識が戻り,会話できる状態とのことです。(2017/03/17 更新)」

 

 

 

稲垣会長とは、直接の面識はないものの、同じブルベを走るものとして衝撃的な記事でした。

 

ニュージーランドの長距離ブルベの最中にトラックに追突されて即死・・・・

 

6:15ということは、眠気と戦って朝日が見えてホッとしている頃だったのだろうか、それともぐっすりと仮眠ができてすっきりと走り始めた頃だったのだろうか。

 

いずれにせよ、いきなり後ろからトラックがぶつかってきて自転車ごと跳ね飛ばされてしまった。

 

日本でもいつ起きてもおかしくない事故と言えなくもない。

 

どうやったら回避できるんだろうか。

 

このニュースがもっと大きく取り上げられて、車も自転車もお互いの安全意識がより一層高まって、こんな悲しい事故が二度と生じないようにと切に願います。

 

謹んで、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

author:t-morioka, category:-, 20:41
comments(8), trackbacks(0), - -
BRM212松阪200匕緤圓慮緤

 

PC1を過ぎて、御座白浜港のクイズポイントが次なるミッションである。

 

 

海沿いの綺麗な景色を見ながら、しかし、脚を攣らせながら御座白浜港を目指す。

 

 

このクイズポイントを見つけるのが困難だった(>_<)

 

なぜかというと、御座白浜港と言うものの、実際は、その手前の御座神社(赤矢印)の箇所にクイズの答えが存在していたからだ。

 

 

幸い迷いに迷ったあげくに発見した先着ライダーから、いともたやすく教えていただいたので、こちらは何にも大変ではなかったのだが・・・みなさん、迷っていた。

 

まずまず、すぐには分からないポイントだったことは確かである。

 

 

この看板に答えがある↓  なにがキーワードだったかは既に忘却の彼方であるが・・・(^_^;)

一説によると、この看板の奥にある石碑まで行かなければならないそうだが、答えは同じである。

 

このクイズポイントが見つけられない場合は、手前にある御座郵便局の監視カメラの製造番号でも代替できるとブリーフィングで言っていた。

 

それが、これ↓ 一応、撮っておいた。

「それでも、どうしても分からない場合は周りの人に答えを聞いてください」という面白いブリーフィングでもあった。

 

この辺りがちょうど120卉賄世任△蝓∋弔垢箸海蹌牽悪劼曚鼻

 

そう思うと元気が湧いてくるのだが、ここで一緒に走ってくれているマコさんに「脚が攣って仕方がない」旨、こそっと打ち明けた。

 

すると、わざとかどうなのか不明なのだが、「モリゾーは、自分の脚は治せんの?」と挑発的というか挑戦的なことを言ってくる。

 

そう言われるとこちらのプライドも許さない!

 

遅い・貧脚・のろい等々は、事実なので甘んじるが、そっち方面だけは譲れない(かろうじて、それだけで生きているので)。

 

「何を言っとるのww治せんわけがなかろうがwww」と、ちょっと意地になる(笑)

 

それからというものの、停まるたびごとにストレッチをするようになった。

 

ストレッチは、関節痛だけでなく攣った状態(筋肉の痙攣)のときも有効なのである。

 

ただし、今回の脚攣りの原因は、脱水ではなく体力不足なので痙攣しなくなったとしても、売り切れた脚が元に戻るわけではない。

 

ちなみに腿(モモ)の前側(大腿四頭筋)が攣っていたので、ひたすら実施したストレッチは、以下のようなものである。

 

もう、ホントこれだけ!

 

これをひたすら何回も行うのみである。

 

さらに言えば、このストレッチは踏み脚で膝が痛いときにも有効なのでロングライドをする人は、ぜひとも覚えておいて損はないと思う。

 

そんなわけでPC2(PC1だった賢島駅に同じ)に向けて再出発をしたのだが、赤矢印の方向が本来のルートなところ、やっちまったんだよね・・・ミスルートww

 

 

キューシートには、下記のように表記されている・・・

 

「当日出題されるクイズに回答すること

クイズ回答後 右折」

 

だから、何も考えず右折・・・すなわち、逆ルートを間違っていることも分からず、ヘラヘラと楽しそうに走り出してしまったのである(右折の捉え方の相違が問題・・・自分としては、「クイズ回答後、直進」と書いてあれば間違えなかった!・・・でも、普通は間違えないから自分がダメなんです!!!)。

 

途中、行き交うライダーに対しても、何の疑問を感じず元気に挨拶なんぞしていたものだ。

 

おそらく、向こうが驚いていたことだろう・・・「なんで、この人たちは逆向きに走っているのだろうか??しかも、堂々と明るく笑顔で・・・」と思っていたに違いない。

 

4劼曚描ったところでミスに気づき、元に戻るが計8劵ーバーする。

 

脚攣りのときに8劼蓮▲妊イwww

 

こういうときは、ミスしたことを記憶から消去して何もなかったかのように走るしかない。

 

 

 

PC2 近鉄賢島駅 142卉賄

 

ここでは肉まんとコーヒーとストレッチをたらふく摂取する。

 

次は、PC3の伊勢市・二見である。

 

 

ここへ向かう途中で、今度はマコさんが膝が痛いと言い出した。

 

そういえば、マコさん、鈍足の自分をずっと曳いてくれていたな〜と気づいた。

 

聞いてみると引き足で右足が痛いらしい。

 

こういう時は、ハムストの疲労性の筋収縮が原因で膝の前側に痛みが生じる。

 

ということで、廃墟と化したラブホの駐車場のスペースを見つけて、そこで膝の治療を手技で行う。

 

あくまでも、道路際である(笑)

 

さらに、こんなストレッチもおすすめしておいた。

 

 

これも覚えておいてほしいストレッチである。

 

二見へ向かう途中の鳥羽水族館周辺は、向かい風がすごくてさすが海沿いであることを痛感させられた。

 

気温も低くなってきており、強風の影響で寒いww

 

PC3 ローソン伊勢二見茶屋 175卉賄世謀着

せっかくのミートスパが強風ですぐに冷めてしまう(+_+)

 

冷やしミートスパwww

 

残り25劼噺世┐弌結構軽く走れてしまう距離のようだが、疲労しきった身体と脚には想像以上に長く感じる距離である。

 

おまけに夕暮れ時で、車が増えて走りにくい。

 

夜間走行を交えながら、それでもなんとかヘロヘロでゴールした。

 

阪内川スポーツ公園内武道館

 

12時間8分でゴール(制限時間13時間半)

 

シューズを脱いで受付へ向かわなければならないのだが、それすら難儀な状態であった。

 

ゴールでは、赤福餅やドリンク類がふるまわれていた。

 

 

 

最寄りのスーパー銭湯へ直行する。

 

ゆっくりと疲れを癒し、マコさんに「俺のおかげだぞ」と恩を着せられながら、自分だけビールで祝杯をあげる(#^.^#)

 

帰路のSAでラーメン!

 

 

こうして、やっとのことでブルベ200劼鯡技終えることができた。

 

やっぱり0劼200劼蓮△靴鵑匹(>_<)

 

毎日少しでも乗り続けることが大切なんだな・・・という思いをしてから、はや1か月が経とうとしている。

 

あれからジテツウ1回のみ。

 

気が付けば日が長くなってきており、冷たい風がときおり吹き付けるものの、確実に季節は春を迎えている。

 

 

 

これから、これから・・・

 

ゆっくりだが、確実に身体づくりをしていこう。

 

 

author:t-morioka, category:-, 09:31
comments(10), trackbacks(0), - -
BRM松阪200匕緤

 

度会町(わたらい町)を南下して向かうは、河村瑞賢公園。

 

53卉賄世縫侫トコントロールがあり、河村瑞賢の銅像と自転車を撮影してゴールで提示する必要がある。

 

 

 

この日の三重県南部方面は、快晴であったが日蔭には雪が残っており、早朝時には若干の凍結もみられた。

 

ちょっと力を入れると早くも攣りはじめた軟弱な脚に悩まされるものの、追い風に乗って快調に進む。

 

中部からは金属好さんがエントリーしており、しばしご一緒する。

 

金属さんは12月からロードに乗っていないそうなのだが、もともとが違うので比較にならない剛脚さん!

 

 

ゆる〜い能美坂を上って、新能美坂トンネルを抜けると・・・

 

そこには、絶景が待ち受けていた!!

 

ダウンヒル後に海岸沿いに出てから、またもやビューポイント!(^^)!

 

 

そして、河村瑞賢公園に到着。

 

前回も思ったのだが、オダックス近畿さんのブルベには女性の比率が高い。

 

そして、皆速い!

 

この時点で女性の方が何人も先に出発していたほどだ。

 

マコさんのバイクを隠すように立て掛けて(←いやがらせ)写真撮影。

 

ところで、河村瑞賢って何をした人なんだ?

 

公園を折り返してR260を賢島方面へと向かう。

 

走っているうちにだんだんとお腹が空いてきた感じがする。

 

別にハンガーノックで力が入らないとかそういうわけではないのだが、何か食いたい衝動に駆られ出していた(笑)

 

10:30頃だっただろうか・・・・信号停車すると、前方左手にコンビニが。

 

右手には、何やら定食屋らしきお店が開店している。

 

昼食には、少し(?)早いが「早昼飯にしよう」とマコさんと相談して右手の定食屋さんへ入ることにした。

 

なんとなく入店したお店は、「丸魚食堂」という海鮮食堂であった。

 

今までの経験からすると、ブルベで時間が気になるときほど注文してから出てくるまでに時間が妙にかかるという法則がある。

 

しかし、今回は別格だった。

 

注文してから、こちらがびっくりするほどの素早さだった!

 

ごはん、青さの味噌汁、モズク、漬物、刺身(ビンチョウマグロ、カツオ)

 

そして、ウニ、ムール貝、アッパ貝、マグロの焼き物

 

豪華なだけでなく脂がのっていておいしかった!(^^)!

 

ブルベ中だけど、思い切って貝を選択してやったぜ(笑)

 

(ちなみに、マコさんは大エビフライというお子ちゃま仕様だった。しかし、うまそう!)

 

通り過ぎてゆくブルベライダーをぬくぬくとした店内で眺めながらおいしくいただく。

 

やってることは一緒なんだが、なんか贅沢気分だ(#^.^#)

 

そして、PC1近鉄賢島駅を目指す。

 

志摩市に突入・・・・そういえば、自転車では伊勢までしか来たことがなかったな〜と感慨にふける。

 

 

PC1・近鉄賢島駅到着 96卉賄澄。隠押В械虻△世辰燭茲Δ糞いする

 

再スタートしてから数々のアップダウンを乗り越えて志摩半島へ。

 

風光明媚な志摩半島を脚を攣らせながら、ひたすら走る!

 

「いいところだね〜」と言い合いながら、笑顔も引き攣らせていた(笑)

 

 

次なるミッションは、御座白浜港にある何かに文章があるので、それを探せば何とかなるというクイズポイントだ。

 

その「何か」は、朝のブリーフィングで「分かりにくいところにあるからね」と説明していたのだが、正直寒くてあまりよく聞いていなかったので不明である(爆)

 

子供には、学校で先生の言うことをよく聞くようにと注意しているのに・・・(^_^;)

 

さあ、果たして謎のクイズポイントを見つけることができるのであろうか??

 

 

 

 

 

 

長くなってきたので、後編の後編につづくww

 

 

 

 

author:t-morioka, category:-, 17:35
comments(6), trackbacks(0), - -
BRM212松阪200卅以

2月12日の前日は、日本海側を中心とした雪模様で三重県の北部・鈴鹿周辺の天気も雪マーク❄❄❄

 

スタッドレスを履いていないこともあるし、全然ロードに乗れていないからDNSを決め込んでいた。

 

今回の松阪200劼蓮▲泪海気鵑醗貊錣縫┘鵐肇蝓爾靴討い燭燭瓠∩案にどうする的なお伺いの電話をすると、「オレは、多少の雪なら走る」と変なところで男気を発揮している。

 

はあ??

 

我が耳を疑った・・・

 

マコさんは、温泉ライダーの異名を欲しいままにするほどのお湯好き。

 

ライド後にお風呂に入れないと駄々をこねることは有名で、ドラえもんに出てくる静香ちゃんに負けないくらいのお風呂好きなのである。

 

おっさんのくせにww

 

ということは、寒いのは苦手という図式が成り立つから、当然DNSするだろうなと思っていた。

 

こちらの思惑は見事に外れる。

 

「俺が運転してやるから宿を取れ」との指令が下る。

 

止むを得まい!言いだしっぺは自分の方だから。

 

時期が時期だけにアパホテルを予約(爆)

 

前日だったからなのか、アパだからなのかは不明だが、シングル2つの予約ができず、ダブルを1部屋が精一杯だった。

 

しかも、予約受付のお姉さんは最初ダブルベット1つの部屋をあてがおうとしていたのだ!!

 

思わず、「大人2名でも男同士なのでベットは2つでwwww」と声を荒げてしまったことは、ここだけの話しです(笑)

 

ということで、チェックインしたお部屋↓

 

妙にムーディww

 

「いらんサービスやわ」とお互い心の中で呟いていた(笑)

 

翌日のブルベは、雪の影響で過酷になるかもしれないのに、前泊から過酷になるとは・・・

 

そうは言っても、どこでも寝れちゃう自分は熟睡。

 

で、朝5時すぎに起床して6時にスタート地点・JR松阪駅

 

結構な参加人数に驚き。

 

そして、7時スタート。

 

獲得標高は1800メートルくらいで、平地基調。

 

風が心配なだけなので、帰りは日没前かもな〜と皮算用。

 

だいたい、外れます(笑)

 

今年に入ってロードバイクに乗ったのは2回である(ジテツウは、MTBで1回だけww)。

 

そのうちの1回が1月8日の近江八幡の新春ブルベ200劼如△發Γ渦鵑今回2月12日の松阪200劼任△襦

 

まさに、「0か100」の世界である。

 

断っておきたいのだが、何もしなくても200劼らいなら走れちゃうよーというわけでは全くないのである。

 

年末辺りまでは、そこそこ走っていたので、1月のブルベはその時の貯金(貯筋)で何とかなったようなものだが、2月のブルベは、そうはいかなかった。

 

前半から脚がつってつって仕方がなかったww

 

初めのうちはダンシングをする時だけだったのだが、そのうちにちょっとした上りで脚に力を込めるとピキッとなる始末www

 

 

松阪から多気町を経由して度会町あたりからは既に脚がwwww

 

 

まだ50劼らいしか走っていないのに、こんなんで大丈夫なのか!

 

 

つづく

author:t-morioka, category:-, 14:20
comments(2), trackbacks(0), - -
ブログ継続!!

2017年、今年に入ってからブログを更新できなくなってしまっていた。

 

このまま放置しておくのも、更新を期待してご訪問して下さる方々に申し訳ない気持ちでいた。

 

だから、とりあえず一度このブログを閉鎖しようと考えていた・・・本気で・・・

 

「いっそ、閉鎖してしまえwww」と・・・

 

今まで、こんなことはなかったな〜〜。

 

自分がブログを書くのではなく、自転車仲間のブログへコメントを書き込む専門家(?)になろうと考えていたほどだ。

 

これからはコメンテーターとして活躍していくんだ!、、、、そんな決意をし始めていた。

 

そんな折、タロウちゃんが熱心に更新を期待してくださって気持ちが揺らいでいたところへ、さらに「ブログおもしろいですよ、いつも見ています」とおだてて下さるある患者さんの後押しがあった。

 

豚もおだてりゃ方式で閉鎖しようとの決意は軽く吹き飛んでしまったのであった。

 

そんなわけで、またよろしくお願いいたします。

 

 

とりあえず、2月12日にオダックス近畿さんが主催する200劵屮襯戮里海箸任盻颪海Δなと思っています。

 

 

 

 

お蔵入りするはずだった記事で、随分と昔のことなので結構忘れてしまっていますが、次回はBRM212松阪200劼任后

 

 

脚つり祭りブルベだったけどねwww

 

 

 

 

 

 

 

author:t-morioka, category:-, 20:46
comments(18), trackbacks(0), - -
近江200辧Ω緤

ちょうど折り返しの距離ということもあり、ランチは、松阪駅周辺のお店に入る。

 

なんとなく気分的にデラックスちゃんぽんを注文してしまったものの、松阪牛も少しは口にしておかなければという強迫観念に急に駆られる。

 

ちょうどマコさんとタケさんが松阪牛中華そばを注文していたので一口ご相伴にあづかる(^_^;)

 

ゴチ!

 

お腹いっぱいになった一行は、時間を懸念しつつもスイーツのお店へと移動する。

 

天輪焼という名古屋でいうところの大判焼き(ちょっと違うけど)のお店・・・

 

ここの「はちみつ饅頭」は、おいしいとこれまた評判。

 

「焼きあがるまで少しお待ちください」とのことで、出てきた饅頭がこれ↓

 

 

あつあつのあんこに香ばしいサクッとした衣が絶品♪

 

タケさんはお土産に20個入りを箱買いしておりましたね。

 

初めて見ましたよ・・・ブルベ中に家族へのお土産を買って持ち帰る人ww(笑)

 

松阪から鈴鹿へと向かうためにR23を20劼曚描らされる。

 

トラックなどの車が多く、信号も多い。加えて異物がたくさん落ちていて余計に疲労感を感じた。

 

 

PC3:ファミリーマート鈴鹿稲生店 136.6卉賄澄.ローズ15:38のところ14:42到着

 

順調に貯金を切り崩しながらトイレ行列に並ぶ(^_^;)

 

 

ゆっくりした後は、今回の大ボス・安楽峠を目指す

 

「距離こそ10劼曚匹板垢瓩世、平均斜度は5〜6%だから、そんなに大した峠ではない」と聞いていた。

 

そうですよね、平均を取ればね・・・そうかもしれん。

 

 

でも・・・

 

 

でも・・・・

 

 

でも・・・・・・・

 

 

いざ、上り始めたらいきなり10%越えの連続じゃないかよ!!!

 

21%、14%、19%、11%、16%・・・・・・・(以下繰り返し)

 

 

 

ガーミンの一番上の表示を斜度に設定してある。見にくい(というより見えない)のだが19%を表示。

 

10%越えを約4劼曚鼻ΑΑ

 

これはしんどい!!((+_+))

 

 

汗だくのつゆだくになりながら、上る、上る。

 

途中ボーナスポイント的に見える、きれいで澄み切った川も必死なため「ただの川」にしか見えていない。

 

愛でる余裕なんてサラッサラ皆無!!

 

「脚だけはつかんぞー!」

 

「脚だけはつかんぞーー!」

 

と何かの恨み節かのように呪文の如く繰り返す。

 

傍で聞いている人がいたら、さぞや怖かったであろう。

 

 

念願のピークにかろうじて到着!!!

 

ゲヒョ〜〜〜っっwww

 

ぜんっぜん、安楽じゃねぇーww

もしかして安楽死の安楽か?とも考えたが、やっぱり安楽じゃないし・・・

 

「看板と自転車を1枚の写真に撮影し、FINISHでスタッフに提示する」というフォトコントロールである。

 

だから、別に自分が入らなくてもよかったのだが・・・なんとなく辛かったアピをスタッフさんにしてやろうと安楽峠より気持ちを込めて!!

 

ここは、161.8卉賄世任△襦

 

ここでダウンヒルの準備をしていると段々薄暗くなる恐れがあったため、キツい下り部分だけ先に下ることにした。

 

ある程度、山から抜けたところで夜間走行と防寒の準備をする。

 

キャップを絞ると、こんなにも汗がww マジか!

 

残すところ、あと40劼曚鼻

 

でも暗くなるとスピードは危なくて出せない。

 

あ、明るくても貧脚ゆえ出せないのだが。

 

 

先行するタケさんの落し物を拾って届けたり、

 

タケさんのチェーンが外れたりと、

 

ラストの方になるとタケさんは、ネタの提供に協力的でした(笑)

 

そして、ゴール!! 

 

 

受付では、スタッフさんが用意してくださった近江牛のメンチカツをいただく。

 

 

この後は、マコさんとまるはさんと3人でお風呂に入ってさっぱりと(#^.^#)

 

自分だけビールで乾杯♪

 

帰りも、まるはさんのお世話になり、ずっとしゃべっていたらアッと言う間に名古屋に到着。

 

もちろん途中で補給も忘れません。

 

まるはさんはチャレンジ天丼にチャレンジ!!超大盛りww

 

 

 

凍えたり、何度か車に怖い目にあったりなどなど、いろいろありましたが、ともかく無事に終えることができました!

 

 

スタッフの皆様、ご一緒してくださった皆様、そして便乗させてくださったまるはさん、本当にありがとうございました!!<(_ _)>

 

 

author:t-morioka, category:-, 15:44
comments(15), trackbacks(0), - -